近藤史恵「エデン」

「サクリファイス」もよかったけど、この「エデン」もいい! 自転車ロードレースを舞台にした小説、という意味では このエデンの方が上かもしれない。 なんたって舞台はグランツール!! 読めば読むほどにツール・ド・フランスを見たくなる。 そして愛車ダホン・スピードP8のペダルを踏みたくなる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森絵都「つきのふね」

こんなおっさんでも。 この本を開いている時間は 「あの頃」に帰られる気がする。 本はいいね。 森絵都の文章はいいね。 さくらと梨利が元の二人にもどる否、戻ろうとする場面。 グッとくるね。 おっさんでも グッとくる。 盗人さくら…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本多孝好「スレイヤーズ・クロニクルACT-2」

じっくり時間をかけて読もうと。 思っていたのです。実際。 まあ通勤時間+合間時間などなどで。 ・・・・・。 読み終わった。実質半日くらいで。 もうどうにもこうにも。 止まらない♪ 残るはACT-3。 すでに今目の前にある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマグラー

面白い。 邦画にしては珍しく?アクションが見所。 背骨が暴れまわる冒頭シーンから ラストの覚醒?憑依?した砧バージョンの 背骨シーンまで。とにかくキレた「動きの映像」。 ガンアクションもほぼ不自然さなく、リアリティーが ある。邦画アクションは大抵そこで萎えてしまうのだが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンパニーメン

まあ、なんて言うことのない映画。 年収1600万のエリートが解雇され、 悩み、苦しみ、でもでも美人で優しい妻や 家族、親族、友人に支えられ、結局年収800万の 職に就く。 なんだかんだ言って、アメリカの富を実感できる 映画と言った方がいいのかも。 同じ展開の映画を日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潜水服は蝶の夢をみる

このジャン・ドミニクという男がそれほど 好きになれなったので、さほどの心の 揺れは無く…。 ただ出てくる女性がもれなく美人で 主観映像的に話しかけてくれるので、 もれなく「惚れてしまう」 なんていう本来の映画の趣旨とは全く 関係ないポイントでこの映画の価値を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more