わらの犬

画像


STRAW DOGS 71年アメリカ

サスペンス/ドラマ  115min

【 監 督 】 サム・ペキンパー

【 出 演 】 ダスティン・ホフマン / スーザン・ジョージ 
        ピーター・ヴォーン





いや~これはなんとも

後味悪ぃよ・・・ _| ̄|○

やっぱさ、2時間近くを使って一本の映画を観たあと、どうせなら
『面白かった~』とか『こういう展開でくるかぁ~』とか何らかの形で
満たされたいじゃないですか?

もちろんそれはハッピー・エンドでなければならないという訳ではなくて。
少なくとも観た後ブルーでグレーでモヤ~といった気分にはなりたくない
のですよ、できるなら。

それがまたその映画の出来が良い時なんかは尚のこと始末が悪い。
この『わらの犬』はそんな映画の代表格になるかも…。

とにかく観ている間、観終わったあと、しんどい・・・。

もーねぇ…ダスティン・ホフマンが上手すぎるんだよおぉぉー

優柔不断の割には気難しく鈍感で冴えないダメ男デビットを完璧に演じ過ぎ!
もうおいらの中ではエミーを強姦した田舎男たちよりも酒乱でバカな田舎老人
よりもこの映画に出てくる全ての登場人物の誰よりもこのデビットに腹を掻き
毟られる思いでした。

ラストの意味がよくわかりません…。どっか行っちゃいましたけど、どちらへ?

すごくよく出来た映画だと思います。でも正直嫌い。

この記事へのコメント

2006年09月09日 07:18
できがよいのはバイオレンスの巨匠、ペンキンパー作品ですから。好き嫌いはしようがないですけど。
firefly
2006年09月09日 11:52
確かに。暴力描写もさることながら、そこに至るまでの
過程がよかったです。でもやっぱ嫌い…。^^;

この記事へのトラックバック

  • アカデミー賞1969年「真夜中のカウボーイ」

    Excerpt: アカデミー賞 シニアの青春映画 真夜中のカウボーイ60年終わりの時代、フランスではヌーベルヴァーグが隆盛、トリュフォーやルイマルの映画を新しい波としてみていた青春でした。ハリウッド映画の斜陽が囁かれは.. Weblog: アカデミー賞1969年「真夜中のカウボーイ」 racked: 2007-05-20 19:45
  • 「わらの犬」~すべては自分自身の為に・・・。

    Excerpt: 「わらの犬」  1971年 アメリカ Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2007-09-24 23:35