クロッシング・ガード

THE CROSSING GUARD 95年アメリカ

監督 ショーン・ペン
出演 ジャック・二コルソン
    デビット・モース
    アンジェリカ・ヒューストン


    
【STORY】
宝石商を営むフレディは来るべき『その日』を待っていた。愛する娘を奪った男が出所するその日を・・・。一方酒酔い運転で女の子を轢き殺してしまい刑期を終えてもなお罪悪感に苦しむジョンは答えを見出せぬまま新たな人生を歩み始める。事件がきっかけで愛する妻とも離婚し荒んだ生活を送るフレディと罪の意識に苛まれ密かに死さえ望むかのようなジョンはついに向かい合った。両者供に銃を構えて・・・。



DVDのパッケージに載っているロー・アングルからのジャック・ニコルソンの
立ち姿に一目惚れして観ることと相成ったこの作品。(こーいうの多いなぁ~)
早い話がニコルソンが観たくてチョイスしたのですが実際観てビックリ。



デビット・モースに釘付けだぁぁ―― \(☆▽☆)/


画像














『ザ・ロック』で最後までハメル准将に忠誠を尽くし散っていく軍人役を観た
時からなにげにお気に入り俳優として注目していたモースさんです。多くの
話題作に脇役として出ていたのですが悲しいかな8割がた悪者だった…。

しかーし!ついに『サ・ロック』以来のあたり役のモースに出会うことが出来た!
サンクス、ショーン・ペン監督。

作品自体は脚本も手がけたS・ペンのメッセージがかなり強く押し出されている
と思います。傷害致死による被害者家族の加害者への『赦し』がメインテーマ。
現在厳罰化の波が激しいこの日本ではともすれば敬遠されそうな内容ではある
かもしれない。

というのも明らかに加害者であるジョン・ヒューズに感情移入してしまう構成に
なっていたから。娘を失った悲しみからとはいえ日替わりで女を抱き、自堕落な
日々を送るフレディと罪悪感に苛まれ一時はフレディによる『死刑』を受け入れ
ようとしたジョン。

この二人の対比は意図的としか思えない。ついに最後まで亡くなったエイミー
を写さなかったのも嫌な言い方だが『効果』があった。もちろんこういう状況の
事件だって実際あるのだろうし、誰かが向けるべき目線ではあるけどね。
ちょっと気になったので。

ラストで『墓石はピンクか・・・。』と呟くニコルソンも流石ではあったがやっぱ
デビット・モースやねぇ。一回目にフレディが復讐にきたときのジョンのあの
穏やかな対応のシーンはほんとに素晴らしい!

ああーもっとモースが観たくなったぁー。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック