キング・アーサー

KING ARTHUR 04年アメリカ

【監  督】  アントワーン・フークア

【キャスト】  クライヴ・オーウェン
        キーラ・ナイトレイ  
        ティル・シュヴァイガー

【RANK】   ☆☆+


とにかくオープニングからJ・ブラッカイマ―節満点の仰々しさ。もうほとんど
「ダイ・ハード」並みの乗りでした。まさに娯楽作!という感じ。もっと骨太な
深い感動を…と望むとするならば「ブレイブ・ハート」あたりが無難かと。

こちらはもっとライトな感動でした。戦闘シーンにしても氷上の合戦シーンこそ
迫力ある設定だったがその他はまあ平均的かなといった所。お気に入りの
クライヴ・オーウェン、ティル・シュヴァイガ―が出ていたし、紅一点のキーラ・ナイ
トレイが息をのむほど綺麗だったので☆3つはあるが、正直平凡と言われても
しょうがない内容でした。

何と言うか「王道」です。コンスタントに集客が見込める優等作と言うか…。映画
としてそれは大事な事なんだろうけどもう一ひねり欲しかったかな。

あとラストの結婚式は完全に余計。蛇足。あれはいかんワ…。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック