10億分の1の男

INTACTO 01年スペイン

監督 フアン・カルロス・フレスナディージョ

出演 レオナルド・スバラグリア/ユウセビオ・ポンセラ/モニカ・ロペス




飛行機墜落事故にから奇跡的に生き残ったトマスは保険金の受け渡し確認
にやってきた男にその強運を使って金を稼がないか?と、あるゲームに参加
するよう勧められる…。



画像

















これは見事に邦題に乗せられた感じです。「10億分の1の男」なんて聞いた
らそりゃ期待も膨らんでハードルも高くなるもんです。そういう意味では素晴ら
しすぎる邦題は諸刃の剣であるってことだな…。

この映画に関して言えば実際にトマスが驚異的な強運を発揮して度肝を抜か
れるって程のシーンははっきり言って無い。強いて言えば飛行機事故からの
生還って所か…?でもそれはあくまで「つかみ」なわけだし。。。

それにもっと正体不明の不条理系ゲームかと思っていたが意外とシステマ
ティックにオープンに行われていて「意味不明の怖さ」という演出を期待して
いた人間としては肩透かしを食らった形。


原題も「INTACTO=無傷」という事だったがこれもまた中途半端かなあ…。
とにかく映画全体が中途半端だった。フェデリコとボスの関係も有耶無耶だっ
たし勝負の前になって突然少年時代の思い出を語りだすボスの行動もよく
分からない。

何よりポラロイドで写真を撮っただけでその人の運を奪い結果的に殺してしま
う、という設定に無理があったか?

ラストシーンでのロシアン・ルーレットはさすがに盛り上がりを見せるが、女性
刑事が絡んだことで勝負が混乱してしまうのは残念。できればトマスに明確な
「勝ち」を見せて欲しかった

運試しゲーム一つ一つは面白い。目隠しして森の中をダッシュ!とかね。けど
それら運試しゲームの集合がそれほど盛り上がらない…そんな感じです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック