笑う蛙

笑う蛙 02年

日本 100min

監督 平山秀幸

出演 長塚京三
    大塚寧々
    國村隼
    雪村いずみ
    きたろう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


画像

















大塚寧々をはじめ実力派俳優陣が思いっきり力を抜いた

脱力感満開の演技で独特の世界観を作り出していました。

それは悪く言ってしまうと、かったるいフワフワした感じ。

まるで観る者を小馬鹿にしているか のような演出なんだけど

それがまた捉え所の無いストーリーに妙にマッチして観ている

内に気にならなくなってきて、むしろ楽しくなってくるから不思議。

常に虚空を見つめるような目で淡々と出来事に対処していた

涼子役の大塚が結局全て掌握していたかのようなラストの

「嘘よ…全て嘘…」

の意味深な台詞がまたまた不思議な余韻。

一番笑ったのは、きたろうが演じていた謎のミミズ長男でした。

重い雰囲気の場面でも電話が鳴ると怪しげな中国語で話し出す

間抜けな姿が最高。一見強面の國村のすねてる姿も天真爛漫な

おとぼけおばあちゃん役の雪村いずみも良い味出してた。

とにかくこの俳優陣の一本線を抜いたような演技が全ての映画。

ちなみに笑う蛙もさらりと出演している。


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック