フライボーイズ

FLYBOYS 06年

フランス/アメリカ 138min

監督 トニー・ビル

出演 ジェームス・ブランコ
    ジャン・レノ
    マーティン・ヘンダーソン
    ジェニファー・デッカー
    タイラー・ラビーン



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



画像




















とにかく頭のてっぺんから足の先まで見事に




アメリカ映画!!




って感じでしたね。





爽快に、勇敢に、軽快に、そして感動的に。




人と人の殺し合い以外の何者でもない「戦争」というものを
テーマにしながらもここまでの娯楽作品に仕上げられるのは
もう見事の一言。



悲しい・虚しい・切ないだけが戦争映画の要素ではない
ということを示すような映画。



逆に「そういう戦争映画」だ、というスイッチを入れて観る
ことが出来ないと楽しめないかもしれないですね。



自分はジャン・レノが登場した時点でスイッチ・オン☆




「戦闘機」ではなく「飛行機」が飛び回る空中戦も迫力
充分だったし、男臭いドラマもあったし、悲恋もあったし、
ラストの溜飲下がり指数も100点だったし。




とにかく盛りだくさんバリューパックの138分でした。
(ちっと長すぎ…とも言えなくもないけど★)




あと。ペット?のライオンが可愛かったですね。。。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック