スレイヤーズ・クロニクル ACT-3

何はともあれ


昴、沙耶、隆二、良介が


幸せになった。


だから


良しとしよう。


終盤が少し定番のきらいがあったとて。


亘の描写が少し物足りないとて。


どうでもいい大学生のエピソードが蛇足気味だったとて。









やっぱり本多孝好の文章。







心地いいね。






画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック