森絵都「つきのふね」

こんなおっさんでも。


この本を開いている時間は


「あの頃」に帰られる気がする。



本はいいね。



森絵都の文章はいいね。



さくらと梨利が元の二人にもどる否、戻ろうとする場面。



グッとくるね。


おっさんでも


グッとくる。


盗人さくら…。


時よりやってくる森絵都のこのセンスが。


好きだな。


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック