クジラの島の少女

WHALE RIDER 02年ニュージーランド/ドイツ


監督 ニカ・キーロ

出演 ケイシャ・キャッスル=ヒューズ / ラウィリ・パラテーン / 


マオリ族の伝統ある族長の家に生まれたパイケアは族長である祖父が後
継ぎの男を期待していた事を知り、女である自分の生きる意味に思い悩み、
なんとか祖父に自分を認めてもらおうと必死になるが…。



画像

















なぜか「この森で天使はバスを降りた」を思い出してしまう内容だった。女で
あるという事だけで自分を認めようとしてくれない祖父に対して、怒るでもな
く嫌いになるでもなく、ただただ理解を求めるパイケアの姿が警戒心と猜疑
心に溢れた眼で自分を見る村人たちに誤解を解こう?とするパーシーにダブ
って見えた。共に美しい自然が見所という点も同じだし。「天使は~」の方は
最期少し悲しい結末を迎えていたので、もしかしたらこの作品も…とパイケア
はあのままクジラの背に乗って死んでいくんだ…と。


「例えどんなに強い英雄であったとしても1人ではいつか疲れに負けて
   しまいます。そういう時こそみんなで支えあう事が必要なのです。」



みたいな事を言ってあんなに辛く自分に接した祖父を気遣っていた。パイケア
は心の底からおじいちゃんが好きだったんだ。認める・認めない、男・女関係
なくパイケアはおじいちゃんが大好きだったんだ…と。そしてその思いは意外
な形でクジラが届けてくれる。


いい話や~…

"クジラの島の少女" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント