ガタカ

GATTACA 97年アメリカ

監督 アンドリュー・ニコル


出演 イーサン・ホーク / ユマ・サーマン / ジュ-ド・ロウ / 



                             
決して遠くない未来、遺伝子操作によって完璧な人間が創り出される
時代に自然出産で生まれたビンセントは生まれた時点で「不適合者」とし
ての人生をおくることになったが彼には夢があった…。その夢のため彼は
ジェロームというエリートの体を借りて「ガタカ」に入り込む…。

画像

















血液による個人識別や体のあらゆる組織からの情報識別などの「近未来」
描写は「マイノリティ・リポート」に通じるところが多い。生まれた時点で寿命
と死因が判明してしまうという未来は恐すぎです…。映画全体を包む雰囲気
が静かで、どこか哀しげなので余計に硬質な未来の冷たさみたいなものが
伝わってきます。

M・ナイマンの音楽の効果もあると思うけれど「こんな神の領域をも超えた未
来は人間にとって本当に幸せな世界なのか?」というアンドリュー・二コルの
声が聞こえてきそうでした。

「不適合者」でもわずかな可能性を信じ続けたビンセントと「完全なる人間」と
して生まれたプレッシャーに潰されたジェロームの奇妙な友情。ラストで銀メ
ダルを首にかけて自らの命を絶つジェロームの姿にジ~ン…です。

ジュード・ロウははまり役でしたね。完全ゆえに脆く、未来を自ら閉ざして
しまい後悔しているのかどうかもはっきりしない青年。演技云々というより
ジュード・ロウの顔立ちや雰囲気にピッタリのキャラクターでした。

隠れた名作SFという評判は正解です。


"ガタカ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント