テーマ:恩田陸

恩田陸「私の家では何も起こらない」

大工の親子と幽霊たちのエピソードが特にお気に入り。 悲しくも微笑ましく、ちょくっと怖い・・・。 赤ちゃんを抱いた女性がうさぎの巣穴を埋めて欲しい理由。 好きなくだり。 全編に漂うのは、やはり浮遊感。 この辺の匙加減が恩田陸。 わからないこと、理解できないことが心地よい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まひるの月を追いかけて

奈良に行きたくなった… かも。 鴨。 南蛮。 ・・・・・。 真昼の月ってなんて言うか、微妙な存在ですよね。 そこにいることは確かだけど、絶対的なものではなくて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恩田陸「きのうの世界」

本の帯文に著者のコメントで これはわたしの集大成です ってありました。 ・・・・・・・・・・・・。 思わず… ダウト! っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のピクニック

とにかく恩田陸の原作が っっぱなく好き なのでこの映画を観るのは期待25%不安75%っていう 感じでした。 でもそんな25%は杞憂も杞憂、っっぱない杞憂でしたよ★ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

六番目の小夜子

恩田陸著「6番目の小夜子」を読みました。 やっぱり今も昔も恩田陸は天才ですね…。 正直読み終わっても「わからないまま」「理解できないまま」 の部分が存在します。 加藤を襲った謎の声であるとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上と外

恩田陸著「上と外」を読みました。 凄い!めちゃくちゃ面白い! 今まで読んできていた恩田作品とは一線を画す ような面白さでした。何と言うか… THE エンターテインメント!! です。まるで極上のハリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ユージニア

恩田陸著「ユージニア」を読みました。 う~ん…。 難解です。 大筋の部分は理解できたとは思うけれど、細かい伏線の意味や この世界観を存分に味わえたとは言えないだろうなぁ…。 例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木洩れ日に泳ぐ魚

恩田陸著「木洩れ日に泳ぐ魚」を読みました。 も~ねぇ… 完璧。 知っていたけど再確認。 恩田陸という作家に、恩田陸という作家が創り出す世界に 完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日のようにさわやかに

恩田陸著「朝日のようにさわやかに」を読みました。 この本を読んでの私fireflyが思ったこと、感想は。。。 つまみ食いで満腹になることは・・・ まあ、あくまで自分の場合は、ですけど。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中庭の出来事

恩田陸著「中庭の出来事」を読みました。 瀟洒なホテルの中庭。 こじんまりとしたパーティー の席上で、気鋭の脚本家が 不可解な死を遂げた。 周りにいたのは、次の芝居 のヒロイン候補たち。 自殺?それとも他殺? だとしたら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

柴田淳と恩田陸

まぁ、はっきり言って『こじつけ』です。はい。 恩田陸の『夜のピクニック』を読みました。とてもよかった。 だいたいハード・カバー・350ページクラスを一週間かけて 読む、というのが自分の読書スタイルなんだけど、この作品 に至っては3日目くらいに我慢できなくなって、夜一気に読 んでしまいました。別に先を急くようなミステリで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more