テーマ:映画

スマグラー

面白い。 邦画にしては珍しく?アクションが見所。 背骨が暴れまわる冒頭シーンから ラストの覚醒?憑依?した砧バージョンの 背骨シーンまで。とにかくキレた「動きの映像」。 ガンアクションもほぼ不自然さなく、リアリティーが ある。邦画アクションは大抵そこで萎えてしまうのだが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンパニーメン

まあ、なんて言うことのない映画。 年収1600万のエリートが解雇され、 悩み、苦しみ、でもでも美人で優しい妻や 家族、親族、友人に支えられ、結局年収800万の 職に就く。 なんだかんだ言って、アメリカの富を実感できる 映画と言った方がいいのかも。 同じ展開の映画を日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潜水服は蝶の夢をみる

このジャン・ドミニクという男がそれほど 好きになれなったので、さほどの心の 揺れは無く…。 ただ出てくる女性がもれなく美人で 主観映像的に話しかけてくれるので、 もれなく「惚れてしまう」 なんていう本来の映画の趣旨とは全く 関係ないポイントでこの映画の価値を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルモンティ

気持ちの良いラスト。 いいですね。 職安で列に並びつつも ついついリズムを刻むシーン。 好きな場面だ。 元工場主任ジェラルドが光ってた。 うん、良い映画だな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急電車~片道15分の奇跡~

とにかく原作が素晴らしい。 となると、逆に映像化されたものは 残念なものになる… というのが、ある種の定説ではある。 原作を越える映画なんて存在しないはずだから 仕方ないこと。 けど、この映画に関しては少なくとも 映画化したことに対して嫌悪感が出るようなことも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディナーラッシュ

大好きな映画をHuluで再観賞。 やっぱりいいなぁ…この雰囲気。 こういうレストランのオーナーになって 目立たない角席から店の様子を 眺めたい。 家族や親友には、「支払なんてしなくていい」 なんて言って…。 隅から隅まで好きな映画。 最良の投資方法は。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇者たちの戦場

押さえておくべきなのは アメリカが作った アメリカの視点の イラク戦争。 が描かれている映画。 そこに重心をしっかり置いて観れば なんら問題はないかと。 これも1つの事実。 誰が何と言おうと。 いやしかし・・・ 相変わらず、ジェシカ・ビー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運命じゃない人

面白い! 脚本も好き。 出演俳優全員がいい! 特に山中聡、板谷由夏が素晴らしい。 Huluで映画観賞、第三段にしてスマッシュヒッツ! 俄然得した気分☆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大洗にも星はふるなり

終盤になってやや失速気味な印象で。 「はやし」という存在が蛇足。 俳優も大根で残念。 「そこ」以外は思いのほか楽しめる。 やまだ氏は素晴らしいね。幅があるというか、 HPが相当高い役者さんだ。 エリカ様も角度によっては相当に可愛らしい。 しかし全方位万能とはいかないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Huluで映画を観てみる~「ヴェロニカ・ゲリン」

50インチのプラズマ・WOOOを持っているのに 23インチのPCディスプレイで映画を観るという… 粋だねぇ~…俺。 「ヴェロニカ・ゲリン」 ラストシーン。ただ、ひたすらに ヴェロニカが生き残ってくれるように 祈りながら観ていたけれど。。。 けど。 良い映画で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百万円と苦虫女

生まれて初めて蒼井優を好きになった・・・。 そんな映画。 あ。でもJINSのCMでも…。 とにかく蒼井優という女優の魅力を 初体験するのには、最適ではなかろうか。 『黒髪にホワイティー』。。。 言いえて妙です。 ピエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒部の太陽:特別編集版

映画としての良し悪しを考えさせない、出鱈目な馬力を 感じる内容でしたね。 うりゃ!おりゃ!どりゃ! ってやってたら、穴掘れたよ…みたいな。(笑)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インストーラー

「スタイリッシュな映像美」という説明が、これほど似合う映画も 少ないかと…。いやむしろ「そう言われたくて頑張った」とも…。 チラホラと綻ぶサスペンス性も、そのスタイリッシュさで隠して 何とかスタイリッシュさを最後まで保ったようです。(???) 主役の女刑事を演じた女優さんが美人でよろしかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーサの幸せレシピ

太陽の国、イタリアの映画よりも 寒くて暗い国、ドイツ映画の方が やはり好みだ。 「ソウル・キッチン」と同じでストーリーが ずば抜けて良い、というよりも演出と画力。 最初から安心感も抜群で、この映画を観た後 落ちることなんてまあないだろう、と開始3分で 確信できる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極料理人

境雅人の娘役の女の子が、めちゃくちゃ良い! ほんの少しの出番だけなんだけど、1番印象に 残ったのは彼女だったりする。 お父さんに対する「突き」も「蹴り」も『あぁん!』と いう恫喝も、全てが面白いし愛らしい。 娘になってほしいのは愛菜ちゃんよりこの娘だな…(笑) で、南極料理人。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傷だらけの男たち

お久しぶりに香港ノワールを観賞。 そしてお久しぶりにスー・チーを堪能。 変わらず可愛らしかった。 黒い画面の中に鮮やかなショッキング・イエロー。 もう一度言っておこう。可愛らしかったなぁ、スー・チー。 ものすごい設定で現実味は薄いはずなんだけど、何故か 妙に説得力があるというか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランスフォーマー:ダークサイドムーン

これでいいんだ!マイケル!! 458イタリアが、SLS AMGが、カマロSSが、サバーバンが、 ガッチガチの肉弾アクション見せてくれるだけで、 いいんだよ!ベイ!! 「リベンジ」で酷いことになったまま終わる男じゃないと信じていたよ。 スタースクリームもメガトロンも死んでしまったから、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリス・クリードの失踪

兎に角ジェマ・アータートンが観たかったので観賞。 シンプルでピンポイントな誘拐サスペンスです。 ストーリーの大筋はものすごく「ありきたり」で「平凡」な はずなのに、緊張感は一切緩まない。 見事な演出の力。特に導入部分の犯人2人が淡々と黙々と 「準備」をするシーンがとにかく そそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンクタム

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を観た時も思ったけど ハリウッドメジャーってやっぱりぶれてない。 CGだ!3Dだ!って武器はどんどん進化してるけど 根っこの部分の「頭脳」のようなものは、創世期から 全くぶれることなく、地続きに存在してる気がする。 見方によってはそれが「王道」「お約束」「ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

前作を観ることなく、いきなり続編から観るという暴挙に出てみた。 なぜそんなことをしたのか、今になって不思議に思う。というより 歯がゆく思っている…。 あんた、馬鹿ぁ?! って言われたい、と思ってもいる…。 ともあれ、イチ映画としての「ハングオーバー2」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン一家監禁事件

ラスト5分までは、正直フツーのバイオレンスだなぁ…と思っていた。 むしろ「犯人たちの荒さ」や被害者家族の「出来の悪さ」に、若干 イライラしてたりもしたんだけど、最後に中々の花火を上げよった。 このオチには思わず笑った。 クレジットへの暗転のタイミングなんかも、イッツ・エンターテインメント☆ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

127時間

まあ予告編を観るとこの映画の成分75%は消化してしまう わけなので、要は残りの25%が勝負だよね、ボイルさん! 中盤の「尺埋め」シーン(ラジオ放送とか、洪水とか)が少し かったるくて、下がったけどラストはググン!!と来ましたね。 下手なスプラッタよりもよっぽど高い痛撃レベル。 ジェイソン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロエ

ジュリアン・ムーアとアマンダ・セイフライド。 この二人の女優に尽きる。 どーせボディダブルだし… 「スリーピング・ディクショナリー」のジェシカ・アルバだし… なーんて思っていたら、 ぬおぉおおぉぉぉおおおーーー☆★★☆ アマンダだけならまだしも、ジュリアンもガッツリ脱いでいたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界侵略:ロサンゼルス決戦

観飽きたストーリーです。焼きまわしです。お約束満載です。 歯が浮くような台詞も多いです。ご都合展開です。 海兵隊万歳、アメリカ万歳映画です。ゲーム画面です。 コール・オブ・ドゥーティーです。ラスボス結構弱いです。 そんなこんな…色々あります。 でも、 やっぱり面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカニック

期待通りの面白さ。 「殺し屋」映画に求めるもの全てがそろってる。 憂いをもった凄腕。ニーオリンズの沼地の中に ひっそりと暮らす。センスのいいインテリアに囲まれ レコードでクラシックを聴く。ボタンを押すと壁が動い て殺しの部屋が現れる。ガレージにはレストア中の オールド・アメリカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テルマ&ルイーズ

約15年ぶりに観賞。あの頃ぼくは若かった…。 ジーナ・デイビスも若かった♪ こんなに可愛かったんだね。改めて観ると。 この後「カットスロート・アイランド」→「ロング・キス~」 とマッチョ系に進んでいって…今は、どうしてるんだろ。 スーザン・サランドンは…変わらないね(笑) 共演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグザム

一昔前に流行った?「ソリッド・シチュエーション」サスペンスといった 雰囲気&内容でした。 説明不足のまま映画は始まり、説明不足のまま終わる。 このズル…もといテクニックを上手く使えばこの手の映画はある程度の 面白みは自然発生すると思う。あとはその「見せ方」であり「役者」の 演技、魅力であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!

人間も人気映画も歳をとると贅肉が付いてしまうもの…。 ですね。 年末のTV放映を観賞したけれど、そのキレの無い運動能力に 目も当てられず、開始30分弱で停止ボタン。アンド消去ボタン。 残念です。 「ラスト10分が最高潮」という観賞者の声も見かけたけれど、 そこまでたどり着く自信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブ・アングリー

こういうB級映画が作られているんだから、ハリウッドも まだまだ元気のようだ…なんて変に納得してしまう。 観るべきはシボレー・シェベルとダッジ・チャージャー、 そしてアンバー・ハードのホットパンツからの美脚☆ 以上だ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more