グッバイ、レーニン!

GOOD BYE. LENIN! 03年ドイツ

【監  督】  ヴォルフガング・ベッカー

【キャスト】  ダニエル・ブリュール      
        カトリーン・ザース       
        マリア・シモン         
        チュルパン・ハマートヴァ    

【RANK】   ☆☆☆

【STORY】

1989年、東ベルリン。テレビ修理店に勤めるアレックスの母親は10年前に
家族を捨てて西側に亡命してしまった夫への反発からますます愛国心を
強めていく。ところがある日、軽い気持ちで反体制デモに参加していた息子
の姿を見たクリスティアーネはショックで心臓発作を起こし昏睡状態に陥っ
てしまう。その間にベルリンの壁が崩壊、統一ドイツは資本主義国家となる。
やがて8ヵ月後、彼女は目覚めるのだが、再びショックを受けると、命に関わ
る…。彼女にとって「体制崩壊」はこの上ないショックのはずだった…。



画像

















この作品を観て改めて実感するのが、ドイツという国が如何に特殊な経験を
して現在に至っているか、という事。今まで映像では何度も見ていたベルリン
の壁の崩壊シーンだが、それが当時の特に東ドイツにとってどんな意味をな
していたのか、ということがよく分かる。(歴史的・政治的とはまた別にね。)

母のために東ドイツ時代のピクルスを探そうとするアレックスの行動からも
分かるように、まさに共通言語圏の外国にきたって勢いでした…。とにかく
物語よりもそのドイツの変わり様というか、その統一の歴史そのものに興味
深々でした。

決して感涙必至の感動ドラマでもないし、ブラックな社会風刺的コメディだけ
でもない。何と言うか、とにかく「ある物語」なんですよね。さりげなく感動して
ほんわか笑う「ある物語」。

冒頭で東ドイツの英雄として祭り上げられていた宇宙飛行士が統一によって
タクシー運転手になっている(本当だろうか?なんか有り得なくは無いな。)
のをアレックスが気付くシーンが一番お気に入りのシーン。統一直後の混沌
とした、それでいて何か魅力的なドイツという国が主役でした…。

                    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック