善き人のためのソナタ

THE LIVES OF OTHERS 06年

ドイツ 138min

監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

出演 ウルリッヒ・ミューエ
    マルティナ・ゲデック
    セバスチャン・コッホ
    ウルリッヒ・トゥクール


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


画像


















ってか監督さん、名前長すぎだろ!


・・・・・・・。


これは思いっきり個人的統計データだけどドイツ映画って異常な
くらいハズレが少ないです。古くは「U・ボート」に始まり最近では
「レヴォリューション6」に「白バラの祈り」「ヒトラー最後の12日間」
あとこの映画とテーマ的に似ている「トンネル」などなど…。


勿論観ている本数が少ないから=ドイツ映画が突出して優れて
いるというわけでもないのだろうけど、自分の中ではドイツ映画は
堅い!という印象ですね。。。


そんなドイツ映画の魅力の真骨頂ともいえるこの「善き人のための
ソナタ」。独自の統計データどおり?良い映画でした。



ヴィスラーを見ていたら「白バラの祈り」のモーア尋問官を思い出し
ました。己の職務に真っ当で信念を持ち、心から祖国に忠誠を誓って
いる。その性格は愚直の一言。でもどこかで心のどこかで「自分は正
しいのか?」「自分がしていることは正義なのか?」と自問自答してい
る男。

そんな毎日の中でふいに自分とは真逆にいる存在に出会い、取調べ
なり盗聴なりで『触れ合っていく』なかであってはならないことだと警鐘
が鳴り続けているのに「その存在」を認め敬い羨望していく男。


画像
















ヴィスラーがクリスタを取り調べるシーン。その時のヴィスラー
の表情が堪らない。口を割らせることに成功した!という満足など
微塵もない。むしろ『言わせてしまった…』という後悔と失望の顔。
キますね。。。あの顔は。


画像
















ラストシーンでヴィスラーが本を手に取りあの一言を発した結果
感じたことをどう表現していいかわからないですね。


希望を感じられる?溜飲が下がる?爽快感?感動??


どれも違う気がするんだけどとにかくぶわっと何かが広がったのは
確かです。(抽象的過ぎるだろ★)


主演3人の演技も見応え充分だし、重厚なドラマながらサスペンスと
して『楽しむこと』もできる映画に仕上げた監督の演出も凄いと思い
ます。(名前は長過ぎだけど…)


でもやっぱりこの映画の何よりの成功の理由はその『歴史』そのもの
ですよね。冗談のように壁で国を分け隔てた…という事実そのもの。


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

メル
2007年12月28日 18:05
TB&コメント、どうもありがとうございました♪
お返しが遅くなってしまってどうもすいません(^^;;)
まがりなりにも(?)大掃除なるものに手を付けたら、まぁこれが終わらないったら(^^;;)
どっと疲れがでてしまいました(^^ゞ

で、この映画ですが^^
fireflyさんが書いてらっしゃるように、上手い事”これ”といういい言葉が見つからないんですが、ぶわっと(確かに!)何かが広がった感じがしました。
私はすっかり忘れてしまってたけど(^^;;) そういえば「白バラの祈り」のあの尋問官にも似てるところがありましたね~。口を割らせて楽しい、良くぞやったぞ自分!って思ってた尋問官ばかりじゃなかったんですよね。
映画として楽しめるものに仕上がってたし、とてもいい作品だったと思いました。
こちらからも(遅ればせながら(^^;;) )TBさせていただきましたm(_ _)m
firefly
2007年12月29日 00:18
メルさん、忙しい時期にわざわざTB&
コメ返ししていただいてこちらこそ
ありがとうございました☆大掃除のお
邪魔にならなかったことを願うばかり
です(^^;
この映画、アカデミー外国映画賞獲って
いたんですね。アカデミー賞基準で映画
を選ぶと結構失敗したりするけれど^^;
「外国映画賞」だけは当てにしても大丈夫!
っていうMYジンクスがまた証明されまし
た☆

この記事へのトラックバック

  • これは私のためのものだ

    Excerpt: 96「善き人のためのソナタ」(ドイツ)  1984年東ベルリン。国家保安省(シュタージ)は膨大な監視システムにより、反体制者を取り締まっていた。局員であり、体制に忠誠を誓っているヴィースラーは、劇作.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2007-12-27 01:17
  • 独映画「善き人のためのソナタ」

    Excerpt:  地元でも公開されたものの、単館上映、上映期間はごく短く、 との事情で見逃していたドイツ映画「善き人のためのソナタ」。 DVDで鑑賞しました。 約140分と長いのですが、長さを感じず見ました。最.. Weblog: ゆみしま日記 racked: 2007-12-27 23:33
  • (今日の映画)善き人のためのソナタ

    Excerpt: 善き人のためのソナタ (2006/独) Das Leben der Anderen The Lives of Others Weblog: Kozmic Blues by TM racked: 2007-12-28 10:00
  • 「善き人のためのソナタ」

    Excerpt: 善き人のためのソナタ スタンダード・エディションアルバトロスこのアイテムの詳細を見る 1984年、壁崩壊前の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)の局員ヴィースラー大尉 (ウルリッヒ・ミューエ)は国家に.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2007-12-28 17:59
  • 善き人のためのソナタ

    Excerpt: この映画を勘違いしていました。 Weblog: 映画を観たよ racked: 2007-12-28 18:43
  • 善き人のためのソナタ

    Excerpt: とても話題になったので 是非観たかった作品です。 しかもアカデミー賞外国語映画賞受賞作品。 外国語映画賞部門は「海を飛ぶ夢 」私の趣味の作品が多いのです。 DVDで鑑賞。 1984.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2008-02-12 13:10