リーピング

THE REAPING 07年

アメリカ 104min

監督 スティーブン・ホプキンス

出演 ヒラリー・スワンク
    デヴィッド・モリッシー
    イドリス・エルバ
    アンナソフィア・ロブ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


画像

















う~ん。。。微妙…。途中までっていうか前半の【ネタふり】の部分までは
良かったんです。緊張感・緊迫感がグググっと上がってくる感じで。ところ
がいざ正念場ってところにきて。。。



そっちか・・・



サスペンスとオカルトの間で揺れ動いていた針が一気にオカルトに振り
切られた結果が



イナゴ少女、現る



というとんでもない公開コピーを生み出すことに…。


血の川やイナゴ攻撃、炎の雨など視覚効果は流石に迫力充分で
見応えがあります。


ただストーリーが残念な仕上がりなので盛り上がらないですよね。
なんていうか『欲張り過ぎ』なような気がしました。超現実主義者
VSオカルト狂信村だけでよかったのに、そこに主人公のキャサリ
ンが救世主だ、スーダンでの心の傷だ、妖しげな悪魔教者のフラッ
シュ・バックだ、とゴテゴテと付け足していくうちにでっぷり太って
身動きが取れなくなった印象です。



やっぱり「神」だ「サタン」だと大真面目に語られると冷めてしまう
典型的な日本人気質が災いしたかな。。。雰囲気は好きなのに
中身が楽しめない映画でした。



『X-ファイル』+『オーメン』+『光る眼』+『X-メン』÷4=??


画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック