ツォツィ

TSOTSI 05年

南アフリカ/イギリス 95min

監督 ギャヴィン・フッド

出演 プレスリー・チュエニヤハエ
    テリー・フェト
    ケネス・ンコーフィ
    モッスィ・マッハーン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像



















う~ん…こんなこと言ったら何か否定的かもしれないけど



普通



でした。ツォツィ(=悪ガキ)が図らずも赤ちゃんを誘拐してしまい、
どうしたものかと右往左往しているうちに彼自身の中の何かが
変化していき…という軸の中で現在の南アフリカが抱える格差
・暴力・エイズなどの社会問題を描いているんだけど、正直ストー
リーは見慣れたものだし、見せ方もそれほど上手いものとは感じ
なかったなぁ。。。


この監督が伝えようとしていることはとても大切なことだというのは
わかるけど、1本の映画としては普通の出来です。


あとこれは特に自分がということなんだけど、こういう内容の映画で
メイン音楽にラップをもってくるのは反対ですね。

別にラップ自体を否定するわけじゃないんだけど、少なくともこういう
映画にあのノリでこられると、途端に説得力なくなっちゃうんですよね。

この映画を1本のギャング・バイオレンスだと思って観るのならなんの
問題もないんですけど。そうじゃない…ですよね。いや、もしかすると
そうでもいいのかな…。


主役のツォツィを演じたプレスリー・チュエニヤハエは見事でした。映画の
最初と最後で顔つきが全然違っていた。どちらかと言えば前半の悪ぶっ
た顔の方が無理して作っているな…という感じでしたね(^^;


普通といったけど決して駄作という感じはないです。ただもう少し山谷が
あれば映画としてもっと面白くなったと思うんだけど。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック