近藤史恵「エデン」

「サクリファイス」もよかったけど、この「エデン」もいい! 自転車ロードレースを舞台にした小説、という意味では このエデンの方が上かもしれない。 なんたって舞台はグランツール!! 読めば読むほどにツール・ド・フランスを見たくなる。 そして愛車ダホン・スピードP8のペダルを踏みたくなる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森絵都「つきのふね」

こんなおっさんでも。 この本を開いている時間は 「あの頃」に帰られる気がする。 本はいいね。 森絵都の文章はいいね。 さくらと梨利が元の二人にもどる否、戻ろうとする場面。 グッとくるね。 おっさんでも グッとくる。 盗人さくら…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スレイヤーズ・クロニクル ACT-3

何はともあれ 昴、沙耶、隆二、良介が 幸せになった。 だから 良しとしよう。 終盤が少し定番のきらいがあったとて。 亘の描写が少し物足りないとて。 どうでもいい大学生のエピソードが蛇足気味だったとて。 やっぱり本多孝好の文章。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more