コラテラル

COLLATERAL 04年アメリカ

監督 マイケル・マン

出演 トム・クルーズ/ジェイミー・フォックス


ロスでタクシー運転手をしているマックスはある夜いつものように
1人の客を乗せる。「一晩で5人の顧客と会うから…」と600ドル
で一晩彼を運ぶ契約を交わしたマックスだったが…。
 

画像

















トム・クルーズ初めての本格的な悪役ということで話題になった映画。
でもイメージというのは恐ろしいもので、どんなに非情な悪役であろうと
映画を観ているうちに共感してしまっているんですね…ヴィンセントでは
なく「トム・クルーズ」に…。

だから真っ当な事を言っているマックスが段々疎ましくさえ感じてきて
しまうんです。これはトムやジェイミーの演技力がどうとかの問題では
なく観る側の意識の持ち方ですね。もう偏見と言ってもいいかも。

映画全体の印象は、ラストまでは一級品である、ということ。一晩で5人
を殺す予定のヴィンセントが淡々と「5人の顧客に会う」と言ってタクシー
に乗り込むシーンなんかはゾクゾクするくらいカッコ良くて、緊張感が漂っ
ていました。

あとヴィンセントの銃の撃ち方が最高にプロフェッショナルでカッコ良い。
どこやのB級アクションのように片手で無茶苦茶にぶっ放すのではなく
(それはそれで良い場合もあるけどね。)しっかりとダブルハンドで構えて
胸に二発、頭に一発を瞬時に撃ちこむ一連の体のさばき方は近年のガ
ン・アクションの中でも1,2を争う出来だったように思いました。

その辺は流石「HEAT」のマイケル・マン監督だなと感心しっぱなしでした。
しかし悲しいかな「HEAT」同様ラストがびっくりするくらいあっけない…。
それまで完璧なプロだったはずのヴィンセントから急激にオーラが無くなっ
ていき、挙句の果てにマックスに撃ち殺されてしまう。それも正面から撃ち
合って…。

クラブでの銃撃戦のシーンであれだけの射撃の腕を見せ付けておいて土
壇場でタクシー運転手のラッキー・ショットに散るっていうのはなんとも歯
切れの悪い感じですっきりしなかった。

マン監督は「殺し屋の結末なんて、えてしてこういうものだよ…」と言いた
かったのかもしれないが、もう少しヴィンセントらしい、トムらしい終わり方
を考えて欲しかったなあ。
 
冒頭この方のカメオ出演がちょっと嬉しい。

"コラテラル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント