テーマ:美女

カンパニーメン

まあ、なんて言うことのない映画。 年収1600万のエリートが解雇され、 悩み、苦しみ、でもでも美人で優しい妻や 家族、親族、友人に支えられ、結局年収800万の 職に就く。 なんだかんだ言って、アメリカの富を実感できる 映画と言った方がいいのかも。 同じ展開の映画を日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インストーラー

「スタイリッシュな映像美」という説明が、これほど似合う映画も 少ないかと…。いやむしろ「そう言われたくて頑張った」とも…。 チラホラと綻ぶサスペンス性も、そのスタイリッシュさで隠して 何とかスタイリッシュさを最後まで保ったようです。(???) 主役の女刑事を演じた女優さんが美人でよろしかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傷だらけの男たち

お久しぶりに香港ノワールを観賞。 そしてお久しぶりにスー・チーを堪能。 変わらず可愛らしかった。 黒い画面の中に鮮やかなショッキング・イエロー。 もう一度言っておこう。可愛らしかったなぁ、スー・チー。 ものすごい設定で現実味は薄いはずなんだけど、何故か 妙に説得力があるというか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリス・クリードの失踪

兎に角ジェマ・アータートンが観たかったので観賞。 シンプルでピンポイントな誘拐サスペンスです。 ストーリーの大筋はものすごく「ありきたり」で「平凡」な はずなのに、緊張感は一切緩まない。 見事な演出の力。特に導入部分の犯人2人が淡々と黙々と 「準備」をするシーンがとにかく そそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

前作を観ることなく、いきなり続編から観るという暴挙に出てみた。 なぜそんなことをしたのか、今になって不思議に思う。というより 歯がゆく思っている…。 あんた、馬鹿ぁ?! って言われたい、と思ってもいる…。 ともあれ、イチ映画としての「ハングオーバー2」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロエ

ジュリアン・ムーアとアマンダ・セイフライド。 この二人の女優に尽きる。 どーせボディダブルだし… 「スリーピング・ディクショナリー」のジェシカ・アルバだし… なーんて思っていたら、 ぬおぉおおぉぉぉおおおーーー☆★★☆ アマンダだけならまだしも、ジュリアンもガッツリ脱いでいたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグザム

一昔前に流行った?「ソリッド・シチュエーション」サスペンスといった 雰囲気&内容でした。 説明不足のまま映画は始まり、説明不足のまま終わる。 このズル…もといテクニックを上手く使えばこの手の映画はある程度の 面白みは自然発生すると思う。あとはその「見せ方」であり「役者」の 演技、魅力であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブ・アングリー

こういうB級映画が作られているんだから、ハリウッドも まだまだ元気のようだ…なんて変に納得してしまう。 観るべきはシボレー・シェベルとダッジ・チャージャー、 そしてアンバー・ハードのホットパンツからの美脚☆ 以上だ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘い罠

世に言う「熟女好き芸人」じゃないけども… この映画のイザベル・ユペールはヤバい… 鬼のごとく魅力的、否、エロい。 濡れ場なんて一切ないどころか、肌1つ 見せない役なのに。 なんなんでしょうこの色気。 悪女であり、ナチュラルボーンキラーであり サイコパスかもしれない女を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンノウン

「96時間」もリーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクションって ことで同じ匂いを感じずにはいられないけれど、製作者も「96時間」 をガチガチ意識して仕上げたってことで、さもありなん。 自分の好きなものが全て揃っているこの映画にはもう感謝するしかない。 冬のベルリン、闘う男と戦う美女、人生の幕引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい熱帯魚

140分を超える長尺を全く感じない。終始前のめりで。 これは、単に濃厚な濡れ場がふんだんに… やっぱり「美女+グロ」というのは魅力・魔力をもってる。 神楽坂恵のふわふわおっぱいは何ものにも変えが… 10年以上前に鬼畜大宴会というのがあったけど、これは 「ブス+グロ」で正視できないほどの嫌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲーマー

何といっても目が疲れた。 疲れ目気味の時は観ないほうがいいと思う…。 「コール・オブ・デューティー」を実際の人間を使ってプレイして フェイスブックだかミクシーだかを実際の人間を使ってつながって あーだこーだして、あっちいってこっちきて、うらぁーーーってなって 最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコレート・ファイター

うわわわ。これはマズイ。ちょっとコマッタ。 主役のゼンを演じたジージャーに 恋はいつでもハリケーンなのじゃ! 蹴りを繰り出すときの「エイ!エイ!」っていう 声がちょっと可愛すぎやしないかい!! そのお顔と声に激烈に釣り合わないガチアクション。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイト&デイ

トム・クルーズがカッコ良くて、キャメロン・ディアスが可愛い。 この2点のごり押しで完結している潔さに拍手。 キャメロン今年で38歳だそうで。 でもでもあのファニースマイルはいくつになろうとプライスレス。 ラストに出てきた敵組織の車が気になるなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチェーテ

「マチェーテ、やればできる…」 この一言が素敵すぎる☆ あとこの映画でゴールデン・ラズベリー賞を獲得してしまった? ジェシカ・アルバがやっぱり… 可愛くて素敵すぎる☆ この二点さえ押さえておけばこの映画をみた価値はプライスレス。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソルト

観ました。 やっぱアンジェリーナ・ジョリーは良い。 久しぶりにすぐさま二度目の観賞をしたほどに 面白かった。 アクションにしろシリアスシーンにしろ 全方向的に アンジェリーナが躍動してる内容。 監督がインタビューで言っていたように現時点で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンディダス

観ました。 ってかこの映画観て、言うことって1つでしょ。 ぺネロぺとサルマが   ふわふわ&どーーん!!     (意味不明) まぁ~お見事。 特にぺネロぺの可愛さったら尋常じゃない。 まさに神の子。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレデターズ

観ました。 エイドリアン・ブロディ見たら、むしろプレデター達を 応援したくなる今日この頃。みなさんいかがお過ごし? まあ結論からいってしまえば 雑。無理。残念。 AVPのほうが面白い。 そんなこんなで この映画の魅力は二つ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーン・ゾーン

観ました。 ストーリーはどうもドタバタしててもう1つな出来。 でも緊張感はさすがP・グリーングラス。 俄然前のめり。 デイモンとグリーングラスのコンビには徹底的に エンタメ極めた作品を期待いたしたい。 今回特に目を引く美女は確認できず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ウォーカー

観ました。 まさしく「死の大地」といった世界観が見事でしたね。 ほんと北斗の拳の世界です。 拳王はどこ?国王号は?ジュウザはどこなのー!? 的な。 ストーリー、アクション、出演陣どれをとっても 80点。合格です。 も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふと思った。 最近、レイチェル観てないな・・・。 「ラブリーボーン」が最後か。 いかん如何。 このブログは何といっても 「やっぱレイチェル・ワイズでしょ」 であるわけで。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運命のボタン

観ました。 まあ腑に落ちない部分も多いけど、楽しめた。 一億円か、どこぞの誰かの命か。 簡単なようで難しい選択です。確かに。 でも主人公夫妻がなぜそこまでお金が欲しかったのか。 ちと疑問。 でかい家にいい車。揃ってるし。 そりゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイタンの戦い

観ました。 トランスポーターのルイ・ルテリエが監督なのね。 確かにアクション映画としてかなり面白い。 音も良い。 最初はそのストーリーの強烈な単純さに辟易したものの。 徐々にマヒ。 サソリ、メデューサ、クラーケンのこの3戦だけで十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more